SSブログ

京都「緑寿庵清水」の8500円の高級金平糖(こんぺいとう) [高級食]

スポンサーリンク





keepです。

皆さん金平糖(こんぺいとう)はご存知ですか?

そうあの凸凹した手軽な値段で食べれる砂糖菓子です。

しかし手軽な値段の金平糖(こんぺいとう)だけではありません。

そこで本日は高級金平糖(こんぺいとう)を紹介します。

京都市左京区に店がある、創業150年以上の伝統製法作られている

金平糖(こんぺいとう)専門店「緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)」です。

(金平糖(こんぺいとう)は1546年にポルトガルからやってきた異国のお菓子で、

あの織田信長にも贈られたりと当時は珍しく、

公家や高級武士など身分の高い人しか口にできない貴重品だったそうです。)


緑寿庵清水では桜や梅、野菜といった「季節の金平糖」

マンゴー・梨・さくらんぼ・ライチなどの「フルーツの金平糖」、

紅茶やコーヒー味など約50種類の金平糖(こんぺいとう)があり、

中でも年に1度しか作れない「究極の金平糖」

毎年キャンセル待ちが出るほどの人気だそうです。

「究極の金平糖」には

・チョコレート・キャラメル・ブランデー・梅酒・日本酒など、

どれも3000円以上の高級な金平糖です。

thumb_kyukyoku01.jpg
http://www.konpeito.co.jp/shouhin.html

さらにフランス・ボルドー地方の貴腐ワインを使った“究極のシャトー・ヴァンプランの金平糖」、

フランス・ブルゴーニュ地方の赤ワインを使った「究極のヴォーヌ・ロマネ 赤ワインの金平糖」
8500円とまさに“究極の高級金平糖”と言えるのではないでしょうか。


「緑寿庵清水」の金平糖(こんぺいとう)はすべて手作りのため量産ができない為、

ネット販売はされていません。(残念…)

店頭販売、電話または FAX での注文受付となるそうです。

京都に訪れたときは、季節感と共に金平糖を味わうのもいいかもしれませんね。

それでは本日はこれで…

閲覧ありがとうございます。

こちらは高級料理の記事です
http://keep-kbr.blog.so-net.ne.jp/2014-09-06


スポンサーリンク






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます